育毛剤はどのように効果を発揮し、髪が生えてくるようになるのか?2つの効果をご紹介しています。

育毛剤のメカニズム

年をとってくると、男性でも女性でも脱毛が増えてきて、だんだんと薄毛が悩みになってきます。

そんな時に思いつくのが育毛ですが、育毛剤の効果のメカニズムとは一体どのようなものでしょうか?

育毛シャンプー・育毛サプリ・育毛ミスト・育毛ローション・育毛エキスなど、毛に関する商品の種類が非常に多いので、まずは育毛のシステムを理解することが大切です。

それによって、自分の頭皮に合っているものをしっかりと選ぶことができます。

最初に確認しておかなければいけない事は、育毛と発毛は異なるということです。

世の中には発毛剤も売られていますが、これは育毛とは異なっていますので、ココでは育毛だけをご説明します。

育毛剤は、基本的に髪の毛を生やすというよりも、毛根の毛乳頭に育毛パワーとなる栄養を与えることで髪の毛が元気に生えてくるようにするものです。

つまり毛乳頭が生きている場合には、育毛の効果はありますが、毛根部分が死んでしまっている場合は育毛剤を使っても効果はありません。

育毛剤のもう一つの効果は、頭皮の血行を良くすることで、毛根が血液中から栄養を得られるようにするということになります。

ですから、育毛効果を発揮するためには頭皮環境は非常に重要になってきます。

育毛治療を行いたいのに、頭皮環境が悪いと育毛促進してくれる成分が毛根に届かなくなってしまいます。

ですから育毛剤を使うときには、まず頭皮の状態を確認し、清潔な状態で使うようにしましょう。

そうすることで、力が弱くなってしまっている毛乳頭が力を取り戻し、フサフサな髪の毛が戻ってくるかもしれません。

関連リンク・・》》【タイプ別】薄毛・抜け毛の原因と対策方法


Theme by Ali Han | Copyright 2016 育毛剤いっぱい特ダネ | Powered by WordPress